バイアグラ 通販

バイアグラの通販 《個人輸入》

バイアグラ,通販

『バイアグラは医療薬ですので通販で購入できる』というと驚かれる人もいるでしょう。
バイアグラは病院処方薬ですから医師の診察を受けてからでないと処方されない薬ですので疑問に思うのももっともなことです。

 

 

しかし、海外の医薬品を個人利用のために輸入することは出来ます。
これはバイアグラのような処方箋薬も同じです。
これを『個人輸入』と呼びます。

 

 

個人輸入は個人的に海外の薬局やメーカーから取り寄せることもできるのですが、外国語が堪能であることや手続きが面倒なことから、ほとんどの方は
個人輸入代行業者に依頼します。個人輸入代行業者はネット上にホームページを持ち、利用者はそこから依頼をするのです。

 

 

この依頼手続きはまるで、薬を選びカートに入れて決済するだけの簡単なもの、まるで楽天などの通販サイトから衣服や雑貨品等の商品を購入するのと全く同様のため、世間では『バイアグラの通販』と呼ばれているのです。
このように個人輸入代行を利用することによりバイアグラも通販感覚で入手することが出来るのです。

 

 

通販のメリット

従来ならば病院へ足を運び診察を受け処方してもらわなければならないバイアグラですが、
常に利用している方は病院へ行くことに煩わしさを感じる方もいます。

  • EDの悩みを話すのが恥ずかしい
  • EDであることを他人に知られたくない、待合室で知り合いに会いたくない
  • 病院へ行く時間がない

など・・・このような問題を抱えている人にはバイアグラの通販はネット上だけで完結するので、誰にも知られずにバイアグラが入手できるため重宝されているのです。

 

バイアグラは高い

相場で1錠1500円もするバイアグラですが、病院処方だと診察料や通院にかかる交通費が薬代の1500円にプラスアルファとしてかかります。
しかし通販ではこれらの費用はまったくかかりません。薬代のみで取引ができるのです。

 

 

また、個人輸入代行サービスによっては、まとめ買いで単価が安くなるキャンペーンや1箱をおまけしてくれるキャンペーンを実施しているところがあるため、ファイザー正規品でも半額ほどまで格安になる場合もあります。

 

 

また、海外でもバイアグラのジェネリック品が販売されています。
ジェネリックによっては1錠100円そこそこで購入できるものもあるほどです。
ED治療薬は基本的にその場限りの頓服薬でEDを完全に治療するものではありません。
ですから性交渉の度に使わなければなりません。
性交渉の頻度が高い人ほどバイアグラが必要なわけですが、常に1500円ほどのバイアグラを使用するのもコストが高くついてしまい、なかなか厳しいものです。しかし、缶コーヒーと同じ程度の金額で変えるなら毎日でも問題なく使用できることでしょう。コスト面からでもバイアグラの通販はお得なのです。

 

 

このように、プライバシーとコスト的な理由から個人輸入を利用するバイアグアグラユーザーは多いのです。

 

しかしデメリットも・・・

 

しかしバイアグラの通販にはデメリットもあります。
それは偽造品がまかり通っているからです。
ネット上で流通されている医薬品の約半数は偽物だといわれています。
特に中国品のものには注意が必要です。

 

 

また、その他には、注文した商品が届かないなどの不達問題も時々あるようです。

 

このデメリットを回避するためにも、良心的で正規品だけを取り扱っている個人輸入代行業者を選ばなければなりません。

 

信頼できる個人輸入代行業者はこちら
個人輸入代行なら「あんしん通販薬局」


更新履歴